ソフトウェア

スキルについて 〜ソフトウェアスキル〜

こんにちは!

S&F PARTNERSの福田です。

今回、ソフトウェアスキルについて触れたいと思います。

中でもソフトウェアを構成するためのプログラミングスキルに注目します。

 

 

以下、今回のポイントになります。

・ハードウェアとソフトウェアのスキルの融合が今後求められる

・誰でも簡単にプログラミングができる時代になっている

・ロボットプログラミング教室「MaKids」ではプログラミングスキルを身に付けることができる

プログラミングというと、2020年の小学校での必修化など、必要が叫ばれています。

 

 

皆さんも最近はよく耳にするのではないでしょうか?

 

 

ここで、考えないといけないことは、何のためにプログラミングスキルを身に付けるのかということです。

ITブームが訪れたことでITエンジニアの数は急増しています。

それでも、それを上回る需要があるためITエンジニアは不足しており、それは今後も続くと言われています。

一方で、生活に目を向けると、スマホアプリが充実しており、流行ったアプリがあるとすぐに類似のアプリが出てきます。プログラミング言語を使いこなせる人はたくさんいるため、スマホアプリなど作るものが明確であるとすぐに対応できるのですが、何を作れば良いかを考える人が不足しているのです。

 

 

それでは、今後、どのようなプログラミングスキルを持つ人が求められるのでしょう?

 

 

プログラミングの基礎を理解し、プログラミングによりどのようなことが実現可能かを判断できる人です。

そして、前回のハードウェアのスキルと組み合わせることで、比較的真似されにくいハードウェアでの観点も踏まえることができるようになります。

最近はプログラミングの環境も整備されており、Scratch(スクラッチ)などのビジュアルプログラミングと言われる、ブロックを使い視覚的にプログラミングができるようになっています。

 

 

S&F PARTNERSが提供するロボットプログラミング教室「MaKids」では、与えられた課題に対して、Scratchでプログラムを設計し、ロボット(ハードウェア)を動かし検証します。その中で、プログラミングした内容がロボットのどのような動きにつながっているのかを確認し、ハードウェアとソフトウェアの両方の理解を促進します。また、上級コースでは、実際にプログラミング言語について学ぶこともできるので、より深くまで理解することも可能です。

 

 

以上で、ソフトウェアスキルのパートは終了です。

最後まで、お読み頂き有難うございました。

この記事は役に立ちましたか?

あなたにとって役に立ったと思ったらシェアしてください!

人気の記事